今っぽい?観葉植物の上手なと飾り方

2021年11月19日

観葉植物

引っ越ししたばかりや、殺風景な家の中も、観葉植物一つあれば随分とスタイリッシュに感じます。一時期ハマっていて家の中がジャングル?とまではいかなくても、ちょっとごちゃごちゃしていました。でも私は、きちんとしたコンセプトでなじんでいれば、家には植物が多すぎるということはないと思います。植物はどんな部屋にも命を吹き込みますし、大きさや形、色など、目まぐるしく変化します。

自分の家のジャングルに、どうやって植物を増やそうかと悩んでいる人は、以下に植物を増やすためのアイデアを見つけられるかもしれません。また、家の中に新しい風を吹き込みたいと思っている方は、以下の植物ディスプレイを参考にしてみてください。また、「これ以上植物を増やしたくない」「文字通り植物を入れられない」という方でも、クリエイティブで美しく、奇妙でワイルドな方法で植物を家に取り入れている人たちの作品をご覧になれば、きっと楽しいはずです。

さあ!今っぽい観葉植物ディスプレイにトライしましょう♪

家の中に植物を増やす最も簡単な方法の1つは、天井や窓の前に植物を吊るすことです。このアイデアのポイントは、驚くほど多様な方法です。どこに吊るすか、何を吊るすか、どのように吊るすかなど、ハウスツアー参加者の家での植物の吊るし方を見て、何かアイデアが浮かばないか考えてみてください。

適当に観葉植物の鉢植えを置いていくのではなく、窓の近くや壁、天井につるすなどすれば、狭い家の中で床面積を取らずにたくさんの植物を飾ることができるだけでなく、生きたウォールアートにもなります。賃貸でも壁掛けや観葉植物のディスプレイ用資材はありますよね。

種類や大きさを変えて新鮮さを楽しむのもいいでしょう。窓枠にのせるスタイルとあわせて、上から吊るすタイプも合わせるとオリジナリティーがありますよね。カーテンは手前に設置するようにしておけば邪魔にもなりません。

ボタニカルで自然な形のハンギングプラントを、グラマラスでありながら幾何学的な壁紙のアクセントウォールの前に置くことで、部屋にコントラストを加える素晴らしい方法です。

ホームセンターで壁掛け用のキットを買ってきて設置するのもありですね。荷重制限に気をつけさえすれば、壁が無限の表現空間になります。さまざまなクライミング植物を使って組み合わせれば、 時間が経てば成長して広がっていいって、いつかは壁一面がグリーンにすることも可能です。設置が面倒なら格子状の壁掛けを買ってきてつるすのもあり。

テーブルの上の観葉植物

シンプル・イズ・ベスト。いっそのことテーブルの上に置いて並べてみましょう。食事や作業をするスペースは空けておいて、足が入る内側に棚があればそこにもおく。いっその事とっぱらって部屋の真ん中に置いて観葉植物の島状態もあり、ですね。

今っぽい?観葉植物の上手なと飾り方・まとめ

いかがでしたか?5つ紹介しただけなのに、いろんな夢が広がってきませんか?いやし効果があると言われている観葉植物ですが、水のやりすぎや日光に当てすぎには注意です^^種類によって必要な水の量など違いますので注意して楽しみましょう♪